2016年11月06日

お別れ

 

昨日は、ディナー営業を臨時休業し葬儀に参列してきました

大変お世話になった、穴水のお寿司屋さんの大将が亡くなりました

10年前に独立してから、いろいろご指導していただいたり、アドバイスを

いただいたりしていました

僕が心から尊敬する人物の一人でした

自分の店のことはもちろんですが、今ではもう有名になった「能登丼」の

理事を務め、普及活動もしていました

また、新潟や、東北で震災があると現地に赴き、ボランティア活動もして

いました

僕が一番驚いたことは、田舎町の小さなお寿司屋さんですが、お寿司や

自分で作った珍味等、能登のおいしいものをネット販売し売り上げを上げ

ていたことです

ホームページの作り込みから、写真撮影、メルマガまですべて独学で

やられていました

50歳を越えてから出来ることでないですよね

今でも心に残っている言葉があります

「この景気の悪い中、お客様が来るのを待っているだけではダメや!出

来ることは何でもせんなん。畑田君もイタリアンやから、これは出来ませ

ん!とか言うとらんと出来ることは何でもした方がいい!」

まんでとまとを商品化して売り出すことになった時に、真っ先に見せに行

きました

自分の事のように喜んでくれた大将の笑顔が脳裏に焼きついています

5年前の事ですが、本当につい最近の事のようです

昨年から息子さんと一緒に仕事を始め、今年孫が相撲の道に進み、これ

から楽しみが沢山あったのに、、、、

自分ももっともっといろんなことを教えて欲しかった、、、

大将のマシンガンのようなトークと、大きな笑い声、、、

もう聞けないと思うと寂しいですね

昨日祭壇に飾られた写真は、カウンター越しに寿司を握っている大将で

した

本当に働きずくめの人生でしたね

どうかゆっくり休んでください、、、、、

ありがとうございました

              CIMG2077

石川のブログランキングにエントリーしました
ここを押してもらえると、ま〜んでうれしいです!
↓↓↓


石川県 ブログランキングへ
posted by 太っちょシェフ at 17:52 | Comment(0) | 太っちょシェフのひとりごと
% article.createstamp | date_format(% /if -%div class= //form